top of page
  • 執筆者の写真

【新入部員募集‼】体験会開催してます!(23年1月)

更新日:2023年2月13日

早いもので1年が終わろうとしています。

仲町フレンズは12月が年度締めとなっていまして、6年生の活動は12月を以って終了となり、1月から新チーム体制になります。

(茅ヶ崎市では例年3~11月が試合・大会のあるシーズンとなり、12~2月はオフシーズンとなります)


この12~2月は何をしているかというと、基本的なことを再度振り返りながら練習しています。足の動きや体の使い方、ルールやマナー、新年度の目標やどういう選手になりたいか等々。

なぜ基本に立ち返るかというと、子ども達の野球に対する知識だったり技術だったりが入部するタイミングや成長の度合いによってバラバラになってしまっているからです。

当たり前ですが、入部当初からできる子はいません。個別のフォローはしていくのですが、そんなにすぐ追いつけるわけもなく・・・。

なので、このオフシーズンに基本に立ち返ることで、「今までやってきた子は基本を体に染み込ませ」「途中入部の子は、ここで基本をしっかり学ぶ」という状態を作ります。

そうすることで、どんなタイミングで入部してきた子も活躍できる状態になりますし、結果的に来シーズンにチームを底上げした状態で臨めます(注:経験上ですが、現実的には5年生夏休み前までかと思います。この学年になると差を詰めるのに時間が掛かり、6年秋に間に合うかどうかです)。


ということで、この冬の時期は、実は入部にとても適してる時期なんですね。

少しでも「少年野球やらせてみたいな」と思ってる親御さんは、ぜひ体験会にいらしてください!急がば回れ!とは言いませんが、一度体験してもらう方が分かりやすいとは思います。<お問い合わせはコチラ!>


体験会募集チラシです!フレンズのお知り合いがいる方は、データや紙でもらうこともできます!


少年野球って面倒くさいんでしょ?という方のために裏面ではフレンズのありのままを書いてます!正直、他のスポーツと変わらないと思います笑

ーーー

<よくある質問>

Q:部費や始めるにあたっての費用はどのくらい掛かりますか?​

A:部費は、2500円/月(兄弟は1500円/月)で、遠征費等(ガソリン代、高速代、イベント代等)は含まれておりますので、基本的に追加費用は発生いたしません。​

  ユニフォーム・ズボン・ヘルメット・バット・グローブ等はサイズにもよりますがお下がり・貸与品がありますので、費用を抑えてはじめることができます。​

⇒(補足)他のチームですと1500円/月くらいが多いと思いますが、遠征の車代やイベント代は都度徴収になっているチームが多いです。損得だとそれほど変わらないと思いますが、毎回お金を用意する手間や清算する手間(これもお母さん達の手間)を削減したいので、見た目の部費は高くなってしまいました。道具はお貸しできますが、大体、子どもの誕生日・クリスマスで新しいグローブ・バットがプレゼントされてます笑


Q:当番はどうなっていますか?​

A:俗に言う当番はありません。保護者の負担を少なくすることで野球ができる子供が増えればという願いから​「当番」を廃止しております。上級生になるにつれて車での遠征(練習試合や大会)が増えてきますので車出しをお願いしたり、​西浜小が大会会場になる時には設営のお手伝いをお願いすることがあります。来れる人で対応していますので、そこまでの負荷ではないと思います。​

⇒(補足)当番廃止になったのはここ1~2年の話になります。​当番をなくした運用の整備に少し時間を要してしまいました。当番を廃止したものの、再度復活してしまったチームもあるようですが、フレンズはきっと大丈夫!


Q:共働きの家庭の方もいますか?​

A:割合までは分かりませんが、一定数のご家庭は共働きです。同学年の保護者同士でのフォローや、上下の学年での連携で対応しています。​「お互い助け合い」の気持ちが大事だと思います。​

⇒(補足)これは面白いのですが、「母達が仲良い」「父の参加率が高い」チームは強いチームが多いです。「親が楽しめる」も少年野球の大事な要素だと思ってます。

Q:女子も入団できますか?年長でも入団できますか?​

A:できます。女子は2名在籍しています。小学生だと女子の方が成長が早く主力として活躍してるケースをよく見かけます。​

  年長のお子さんは、基本的に付き添いをお願いしています。しばらく様子を見て、集団行動に問題がなければ、その限りではありません。​

⇒(補足)女子は近隣でも各チーム数名います。そして野球上手な女子が多いです。大体ピッチャーや内野の主要ポジションやってます。やはり女子の方が気が利くのでしょうか笑

Q:うちの子、運動音痴なんですけど・・・​

A:確かに始まりの段階で上手い子下手な子はありますが、5~6年生になると中途半端なセンスよりも積み上げた努力の差が野球の力に繋がっていると思います。​打って投げるだけが野球ではありません。試してみる価値はあると思います。​

​⇒(補足)子どもの成長という視点で見ると、比較よりも大事なことが見えてくるので、それが少年野球の醍醐味と思います。


Q:フレンズって強いですか?厳しいですか?​

A:年度にもよりますが、茅ヶ崎市の大会で上位(3位以内)に毎年入るくらいの強さです。厳しさはご家庭の捉え方にもよりますが、​指導者と子どもの対話の中で成長してほしいと思っていますので、そこまでの厳しさではないと思います。​ただし、「和を乱す行動」「仲間を傷つける行動」「怠慢な行動」等には厳しく叱ることはあります。​

⇒(補足)やはり子ども達も指導者も「優勝」したいです。が、結果よりもそこに至るまでのプロセスを大事にしたいですし、強くたってだらしないチームに価値は感じません。社会常識的にダメなものには厳しいです。チームワークは大事です。​


Q:フレンズの良さって何ですか?​

A:たくさんありすぎて言葉にするのは難しいので、ブログを読んでいただくと良さが伝わると思います!​

  右のQRコードからご覧ください!(https://www.nakacho-friends.com/blog)​

⇒(補足)少しでも雰囲気が伝わればと思い始めました。チーム内でも好評で私もうれしいです笑

ーーー


お読みいただきありがとうございます。

ここまで読んでいただいた方にはぜひ体験会に来ていただきたいと思います。

なぜなら、やっぱり子どもが「このチームに入りたい!」と思うことが1番大事だと思いますので。


こちらの問い合わせフォームから、「体験希望」の旨、ご連絡ください。

練習参加日/時間等のご調整をさせていただければと思います。

なお、12月は18日で練習締め、1月は7日から練習開始となります。


お会いできることを楽しみにしております!


閲覧数:210回0件のコメント

留言


bottom of page